スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新作UPしました。




3日間、SMILEVIDEOと格闘し、ようやくあげれました・・・
これでやっと次の製作に安心して移れます・・


この作品は、第1作目の再編集版となります。
こだわった部分は残しつつ、一から作り直しました。
そのこだわりの部分について解説します。
ネタバレ等ありますのでご注意を。

一つ目は語りの部分です。
まぁ、下手な演出はいれずにシンプルな作りにしました。
この部分は千早の心の声であると思うのでその声だけを集中して聞いていただければと思いこうしました。


二つ目はラストの静止画の切り替わりです。
あの部分では千早の過去から現在への移り変わりを表現したつもりです。
過去の歌一筋であり、他人との接触を避けてきた千早が、プロデューサーと出会い数々のすれ違いを起こしながらも、最後には二人で頂点を歩く。
最後の音声には、千早がそんな過去の自分との決別のために自身に送ったメッセージだと考えていただければ、と思います。


あとは1作目で多く言われていました「笑いながら歌う曲ではない」というのも今回の作品では前向きにとらえようと自分なりの解釈を加えたいと思います。
過去の千早から見ればあの笑いは、自分の『歌』への気持ちが分かってわかっておらず、本当は好きなのに認められないことへの悲しい笑み。
現在の千早から見れば、プロデューサーと共に歩んだ思い出の数々、そして現在の幸福感からくる笑みであると考えています。


とりあえず、今回はこの辺で。
思い入れのある作品なので公開できることをとても嬉しく思います。

ではでは~
スポンサーサイト
【2008/02/11 02:08】 | MAD製作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ダラダラと・・・ | ホーム | relations>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://haruka575.blog37.fc2.com/tb.php/10-d0809423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。